ナイロの備忘録

車のタイヤ&林道情報ジムニー林道遊び

本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

タントのタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較

タントのタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較

 

155/65R14

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり5,270円。
  • 4本購入し交換した場合、21,080円。

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり6,590円。
  • 4本購入し交換した場合、26,360円。

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり6,430円。
  • 4本購入し交換した場合、25,720円。

145/80R13

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり5,820円。
  • 4本購入し交換した場合、23,280円。

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり6,290円。
  • 4本購入し交換した場合、25,160円。

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり7,500円。
  • 4本購入し交換した場合、30,000円。

165/55R15

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり6,430円。
  • 4本購入し交換した場合、25,720円。

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり8,370円。
  • 4本購入し交換した場合、33,480円。

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり8,800円。
  • 4本購入し交換した場合、35,200円。

165/50R16

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり7,540円。
  • 4本購入し交換した場合、30,160円。

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり10,640円。
  • 4本購入し交換した場合、42,560円。

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり15,070円。
  • 4本購入し交換した場合、60,280円。

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入し、タイヤを購入した通販サイトの提携取付店でタイヤ交換をした場合の値段です。

画像の引用元、「フジコーポレーション」フィッティングルーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

💡 この記事のポイント 💡

  • タントのタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

タントのタイヤサイズ

タントの純正タイヤサイズは、3種類です。

  1. 155/65R14
  2. 145/80R13
  3. 165/55R15

インチアップのオススメのタイヤサイズ

  • 165/50R16

13インチ、14インチ、15インチの純正ホイールには、取付できません。

16インチホイールの購入が必要です。

 

タイヤサイズの調べ方

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

1番確実なのは、「1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。」です。

必ず赤〇の数字(ロードインデックス)も確認するようにしてください。この数字が小さい数字のタイヤを取り付けると車検に通りません。

 

1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。

2.運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。

【 ロードインデックスに関する関連記事 】

買ってはいけないタイヤ。失敗するタイヤ選び - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

2.3.は、新車で購入時は問題ないですが、中古車で購入の場合、純正ホイール(タイヤサイズ)とは異なるホイールに交換されているケースがあります。

※車種によっては、2.の空気圧表示ラベル(ステッカー)に2種類のタイヤサイズが記載されているケースもあります。

 

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

タイヤホイールセットをネットの通販サイトで購入する場合は、サイト内で、車種名・年式・型式を入力する必要があります。

 

タントの新品のタイヤの値段を比較する通販サイト

タイヤ専門の通販サイトで比較をしました。

  • オートウェイ
  • フジコーポレーション

オートウェイは、国内最大級の通販サイトだけあって、種類・品揃え豊富。

聞いたことのないタイヤブランドでも、購入者レビューがあるので、口コミや評判を見て判断できます。

 

フジコーポレーションは、独自仕入ルートにより、有名ブランドタイヤを含め、品質・価格に挑戦。

 

オートウェイ

国内最大級の輸入タイヤ&ホイール通販サイト「オートウェイ」

オートウェイは、中古車情報gooでお馴染みの株式会社グーネット エクスチェンジのグループです。

オートウェイの特徴

  • 国内最大級の輸入タイヤ&ホイール通販サイト。
  • 累計販売3,300万本のタイヤ販売実績。
  • プライスリーダーと呼ばれる価格を実現。
  • 安心の品質と豊富な品揃え。
  • 「タイヤピット」と呼ばれる全国に3,600店舗以上の提携取付け店

安心の品質と豊富な品揃え

国内の認証工場で検査済みのタイヤのみを販売。

輸入タイヤ及び国内タイヤメーカーのタイヤを車種、サイズごとに品揃え。

【公式サイト】>>>オートウェイ

 

フジコーポレーション

タイヤ・ホイール・カー用品専門店「フジコーポレーション」

フジコーポレーションは、国内外の有名タイヤメーカーの製品を豊富に取り扱い。

タイヤサイズ、種類が豊富で、車種や使用目的に合わせて選ぶことができます。

フジコーポレーションの特徴

  • 関東、中部、東北を中心に全国48店舗との連携(関西では、大阪1店舗・兵庫1店舗)
  • 車種や用途に合せた豊富な品揃え
  • 自社オリジナルブランドタイヤを中心に国内タイヤメーカーのタイヤを安価に提供
  • 宇佐美グループ(ガソリンスタンド)を含む全国に2,000店舗の提携取付店

GRIPMAX(グリップマックス)が人気ですね。

【公式サイト】>>>フジコーポレーション

 

タントのタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較、オススメはどこ?

タイヤ専門の通販サイトで、価格を比較しました。

  • タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

タイヤ交換の費用は、車体からのタイヤの脱着工賃、ホイールからのタイヤの組換え工賃が必要となりますので、各通販サイトの提携取付店でタイヤ交換をした場合の工賃をタイヤ価格に合算し比較してます。

  • 155/65R14「LI、75or77(XL)」
  • 145/80R13「LI、75or77(XL)」
  • 165/55R15「LI、75or77(XL)」

インチアップサイズ

  • 165/50R16「LI、75or77(XL)」

※「LI(ロードインデックス)、JATMA規格orETRTO規格(XL)」

※2024年5月13日現在の価格です。

※工賃には、廃タイヤ処分料とバルブ交換料(劣化等で交換が必要になった場合)は別途費用が必要です。

  • 廃タイヤ処分料、筆者の住む兵庫県では、1本当たり330円~550円が多いです。(地域、店舗により異なります。)

 

155/65R14

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり5,270円。
  • 4本購入し交換した場合、21,080円。(オートウェイ)

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり6,590円。
  • 4本購入し交換した場合、26,360円。(オートウェイ)

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり6,430円。
  • 4本購入し交換した場合、25,720円。(オートウェイ)

145/80R13

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり5,820円。
  • 4本購入し交換した場合、23,280円。(オートウェイ)

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり6,290円。
  • 4本購入し交換した場合、25,160円。(オートウェイ)

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり7,500円。
  • 4本購入し交換した場合、30,000円。(フジコーポレーション)

165/55R15

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり6,430円。
  • 4本購入し交換した場合、25,720円。(オートウェイ)

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり8,370円。
  • 4本購入し交換した場合、33,480円。(オートウェイ)

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり8,800円。
  • 4本購入し交換した場合、35,200円。(フジコーポレーション)

165/50R16

コスパの良いタイヤ

  • 1本当たり7,540円。
  • 4本購入し交換した場合、30,160円。(オートウェイ)

国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

  • 1本当たり10,640円。
  • 4本購入し交換した場合、42,560円。(オートウェイ)

オールシーズンタイヤ

  • 1本当たり15,070円。
  • 4本購入し交換した場合、60,280円。(オートウェイ)

オススメはどこ?

155/65R14

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ
  • オールシーズンタイヤ

145/80R13

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

165/55R15

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

165/50R16

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ
  • オールシーズンタイヤ

オートウェイがオススメ。

オートウェイは、国産、海外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

  • 全国に3,600以上のタイヤピット(取付提携店)があり、タイヤの組換え脱着工賃の統一料金制度もあります。

(注文の流れ)

オートウェイでタイヤを注文 お近くの全国タイヤピット(提携店)を選択しタイヤピット宛に発送依頼 タイヤピットから連絡が入りますので、タイヤの取付け日を予約 予約した日に選択した店舗に行く。

コスパ良く購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

145/80R13

  • オールシーズンタイヤ

165/55R15

  • オールシーズンタイヤ

フジコーポレーションがオススメ。

フジコーポレーションは、オリジナルブランドのタイヤ、国内外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

  • 全国に2,000店舗の提携取付店にて、取付け作業ができます。

(注文の流れ)

フジコーポレーションでタイヤを注文 お近くの提携店を選択 提携取付店から連絡が入りますので、タイヤの取付け日を予約 ⇒ 予約した日に選択した店舗に行く。

タイヤを低価格で購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>フジコーポレーション

※会員登録せず購入も可能です。

 

オールシーズンタイヤってどう?って方は、

こちら>>>「オールシーズンタイヤやめたほうがいい」は嘘。オススメの人後悔する人 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

タイヤホイールセットを購入の方は、「フジコーポレーション」がオススメ!!!

サイト内で、現在マッチング表示しているお車に必要事項(車種名、年式、型式)を選択後、タイヤホイールセットを選択。

※車種名、年式、型式は、車検証でご確認ください。

ホイールをどれでもいいので、選択すると「フィッティングルーム」が表示されますので、クリック。

車体の色とホイールを選択すれば、イメージ画像が表示されます。

 

 

ホイールが車体にセットされた状態で、どんな状態になるかイメージが湧くので便利なサービスですね。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

タイヤ交換は何月が安い?

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月。

しかし、年中セールがされており、お得に購入する機会が豊富に存在します。

 

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の安い時期は、3月と10月。

しかし、8月・9月は、シーズン前の早割キャンペーンや新商品キャンペーンなどがあります。

 

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月。

 

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月。

しかし、4月から11月のシーズンでは価格競争が激化します。

 

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月。しかし

3月は、タイヤ専門の通販サイト「オートウェイ」、カー用品店「ジェームス」・「オートバックス」・「イエローハット」の決算月。

売上最終追い込みのキャンペーンや在庫処分セールに期待できます。

しかし、「年中セール」もされており、お得に購入できる機会が豊富に存在します。

 

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の安い時期は、3月と10月。しかし

スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)は、季節商品。

スタッドレスタイヤの安い時期は、10月と3月です。

しかし、「8月・9月」は、シーズン前の早割や新商品キャンペーンなどがあります。

  • 早割キャンペーン、タイヤ専門の通販サイト
  • 新商品キャンペーン、カー用品店やタイヤショップ

3月は、タイヤ専門の通販サイト「オートウェイ」、カー用品店「ジェームス」・「オートバックス」・「イエローハット」の決算月。

決算に伴って、サマータイヤ(夏タイヤ)との在庫入替時期でもあります。

 

10月は、スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)との在庫入替時期でもあります。

また、タイヤ専門の通販サイト「フジコーポレーション」の決算月。

 

※12月~1月は、シーズン入りとなり、需要が高まり在庫があれば必然的に売れます。そのため、ほとんど値引きはないと思っておいたほうが間違いありません。

 

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月。

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月です。

オールシーズンタイヤの品揃えが豊富で、価格面でも評価の高いタイヤ専門の通販サイト「フジコーポレーション」の決算月。

 

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月。しかし

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月です。

3月は、4月からのシーズン入り前で、スタッドレスタイヤからオフロードタイヤに交換する時期でもあります。

しかし、季節商品にも近いオフロードタイヤ。

4月から11月のシーズンでは各社価格競争が激化します。

 

【 関連記事 】 タイヤが安い時期は、いつ?「ズバリ、3月と10月でしょう」しかし - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

タントのタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較、まとめ

タントの純正タイヤサイズは、3種類です。

  1. 155/65R14
  2. 145/80R13
  3. 165/55R15

インチアップのオススメのタイヤサイズ

  • 165/50R16

13インチ、14インチ、15インチの純正ホイールには、取付できません。

16インチホイールの購入が必要です。

 

オススメはどこ?

155/65R14

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ
  • オールシーズンタイヤ

145/80R13

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

165/55R15

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ

165/50R16

  • コスパの良いタイヤ
  • 国産、海外有名メーカーのブランドタイヤ
  • オールシーズンタイヤ

オートウェイがオススメ。

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

145/80R13

  • オールシーズンタイヤ

165/55R15

  • オールシーズンタイヤ

フジコーポレーションがオススメ。

【公式サイト】>>>フジコーポレーション

※会員登録せず購入も可能です。

 

この記事が、タントのタイヤ交換をご検討中の方のご参考になれば幸いです。

 

【 関連記事 】

高額請求に注意!ロードサービスは、どこがいい。JAF非会員の料金 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

車のタイヤがツルツル。溝がない場合の危険性を解説 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

車のタイヤをどこで買うのが安い?ならどこがいい?夏タイヤの値段 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

軽自動車のタイヤ交換、どこが安い。値段は?サマータイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)