ナイロの備忘録

車のタイヤ&林道情報ジムニー林道遊び

本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

タイヤが安い時期は、いつ?「ズバリ、3月と10月でしょう」しかし

タイヤが安い時期は、いつ?「ズバリ、3月と10月でしょう」しかし

 

 

自動車にとって、タイヤは安全走行に欠かせない重要な部品です。

しかし、タイヤは消耗品であり、走行距離に応じて定期的な交換が必要です。

タイヤ交換は、車検費用と並ぶ大きな出費の一つ。

そこで、少しでも安くタイヤを購入したいと考えるドライバーは多いでしょう。

 

タイヤの安い時期は、3月と10月の決算月です。

しかし、タイヤの安い時期を調べている

今がお得に購入できるチャンス」です。

 

なぜなら、新聞の折り込みチラシやタイヤ専門店の独自セールなど、決算月以外にもお得に購入できる機会が豊富に存在するからです。

 

毎週と言っていいほど入るカー用品店の新聞折り込みチラシ。

チラシのトップには、〇〇セールや〇〇感謝祭などタイヤの写真と金額が記載。

普段はスルーしがちな新聞の折り込みチラシですが、タイヤの購入を検討している時は、「安いタイヤないかなぁ~」って、ついチラシを見ます。

タイヤって、年中セールされてますね。

 

タイヤ購入の選択肢として、タイヤ専門の通販サイトもオススメ。

  • 種類が豊富で、価格も比較しやすい。
  • 注文するのに、時と場所を選ばない。

筆者は、せっかちな性格でもあり、タイヤ交換に長時間待たされるのが嫌。

ここ10年以上、タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入しています。

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入し、タイヤ交換は購入した通販サイトの提携取付店で日時を予約。

予約をした日時に取付店に行ってタイヤ交換。

タイヤ交換に長時間待たされることもなくなりました。

 

タイヤの購入は、提携取付店のある通販サイトで購入をオススメします。

 

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月。

しかし、年中セールがされており、お得に購入する機会が豊富に存在します。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の安い時期は、3月と10月。

しかし、8月・9月は、シーズン前の早割キャンペーンや新商品キャンペーンなどがあります。

  • 早割キャンペーン、タイヤ専門の通販サイト
  • 新商品キャンペーン、カー用品店やタイヤショップ

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月。

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月。

しかし、4月から11月のシーズンでは価格競争が激化します。

 

この記事では、タイヤが安い時期について解説します。

 

1.タイヤ交換は、家計にとって大きな負担

  • タイヤ交換の費用は、タイヤの種類やサイズ、販売店によって異なりますが、一般的には、軽自動車で4万円~6万円。普通車で5万円~8万円程度かかります。これは、車検費用と並ぶ大きな出費です。

2.安く購入することで節約できる

  • タイヤを安い時期に購入することで、節約することができます。例えば、1万円安く購入できれば、浮いたお金を他の出費に回したり、貯蓄に回したりできます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

💡 この記事のポイント 💡

タイヤを安くお得に購入するために、

  • 企業の決算月を利用する。
  • 新商品発売前の型落ちモデルを狙う
  • 店頭展示品現品限りを狙う
  • 2月・3月、10月・11月に狙う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なぜ、決算月だと安く買える?

ガソリン税、酒税、たばこ税、所得税、市町村民税などなど。

税金は、国民の義務と言われつつ、支払い義務がなければ払いたくないのが税金です。

それは、企業側も同じ。

 

税金は、売上総利益に対して金額が変動します。

売上高-売上原価=売上総利益(粗利)。

売上原価=期首在庫+仕入高-期末在庫

※売上総利益(粗利)に在庫分は、含まれません。

 

つまり、決算月に在庫を減らしておくことが、売上総利益(粗利)の減少にもつながり、税負担軽減にもつながります。

 

なので、決算月には、在庫を減らすためにキャンペーンやセールと題してあらゆる値引き商戦が繰り広げられます。

 

タイヤが安い時期は、いつ?「ズバリ、3月と10月でしょう!!!」

日本は、4月から新年度が始まります。

3月は、年度末決算とも呼ばれ、自動車業界でも多くの企業が3月に決算を迎えます。

そのため、各社は売上の最終追い込みや在庫を減らすために、キャンペーンや在庫処分と言ったセールで安く販売されます。

タイヤを販売している企業の決算月

タイヤを販売いている有名企業の決算月は、以下の通りです。

タイヤ専門の通販サイト

  • オートウェイ、3月
  • フジコーポレーション、10月

カー用品店

  • ジェームス(トヨタモビリティパーツ株式会社)、3月
  • オートバックス(株式会社オートバックスセブン)、3月
  • イエローハット(株式会社イエローハット)、3月

在庫品のタイヤを3月と10月にキャンペーンやセールで安く購入できます。

 

タイヤ通販サイト「オートウェイ」

  • タイヤピットと呼ばれる全国3,000店舗以上の提携取付店
  • タイヤやホイールを幅広い選択肢から探したい人
  • 価格重視で、できるだけ安くタイヤを購入したい人
  • 迅速な配送を求める人

【公式サイト】>>>オートウェイ

 

タイヤ通販サイト「フジコーポレーション」

フジ・コーポレーション

  • 全国展開のガソリンスタンド宇佐美グループを含む全国に2,000店舗の提携取付店
  • 国内外の有名メーカーや輸入タイヤなど、豊富な品揃えから選びたい人
  • 価格と品質のバランスを求める人
  • タイヤ交換後のサポートやサービスを重視する人

【公式サイト】>>>フジコーポレーション

※国産及び海外有名メーカーのオリジナルモデルもあります。

 

新商品発売前の型落ちモデルを狙う。

タイヤメーカー各社は、毎年この時期に新作を発表し、販売を開始します。

  • 夏タイヤの新商品は、2月から4月頃に発売されることが多い。
  • 冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の新商品は、9月から発売されることが多い。

タイヤメーカーは、春と秋に新商品を発売することが多く、新商品発売前に旧モデルの在庫を処分するために、キャンペーンやセールを行うことがあります。

 

ただし、メーカーや車種によって発売時期は多少異なり、例えば、新車種に搭載されるタイヤは、車種発表に合わせて発売されることもあります。

また、人気車種や定番サイズのタイヤは、早めに発売される傾向があります。

新商品発売前の型落ちモデルを狙う。「注意点」

希望のタイヤサイズが残っていれば、お得に購入ができますが、残っていない場合もあり、必ず購入できるとは限りません。

 

店頭展示品現品限りを狙う

店頭展示品現品限りは、店舗によって異なりタイミングが合えばお得に購入できます。

しかし、ホコリなどの汚れや多少の色あせや変色がある場合もありますので、神経質な方にはオススメできません。

劣化については、数か月程度の展示なのでさほど気にする必要もないと思われます。

もし気になるようでしたら、製造年月日をご確認ください。

店頭展示品現品限りを狙う。「注意点」

希望のタイヤサイズがあれば、お得に購入ができますが、タイミングやタイヤサイズが合わなければ、購入できません。

タイヤの製造年月日の確認方法

タイヤの側面(サイドウォール)に4ケタの数字が表示されています。

※4ケタの数字の前にアルファベットが付いてる場合と付いていない場合があります。

 

 

下2ケタの数字が製造年です。

上記写真、「JCK1319」は、19→2019年、13→13週。

よって、2019年の3月25日から3月31日の間に製造されたタイヤということになります。

※Google検索で、「〇〇〇〇年〇〇週は、いつ」で検索できます。

 

2月・3月、10月・11月に狙う

地域によって前後しますが、2・3月、10月・11月に狙う理由は下記の通りです。

2・3月に狙う。

春の繁忙期。

  • 3月~5月頃は、冬タイヤから夏タイヤへの履き替え需要がピークを迎える時期です。多くのドライバーがこの時期に夏タイヤを購入するため、タイヤ販売店では繁忙期となります。

2・3月は、夏タイヤの販売に向けて冬タイヤの在庫を減らすために、冬タイヤの在庫処分セールを実施されることが多くなります。

10月・11月に狙う

秋の繁忙期。

  • 10月~12月頃は、夏タイヤから冬タイヤへの履き替え需要がピークを迎える時期です。多くのドライバーがこの時期に冬タイヤを購入するため、タイヤ販売店では繁忙期となります。

10月・11月は、冬タイヤの販売に向けて夏タイヤの在庫を減らすために、夏タイヤの在庫処分セールが実施されることが多くなります。

 

2024年7月、現在のセール(キャンペーン)情報

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

※年式、型式は、車検証でご確認ください。

 

オートウェイ

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

フジコーポレーション

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

3月と10月にタイヤを購入する場合の注意点

3月と10月にタイヤ購入する場合の注意点は、以下の通りです。

  • 早めに情報収集を開始する。
  • タイヤ通販サイトや価格比較サイトなどを活用する。

早めに情報収集を開始する。

3月と10月は、タイヤが安くなる時期として知られており、多くの人が購入を検討します。

そのため、希望のタイヤを安く購入するためにも早めに情報収集を開始する。

タイヤ通販サイトや価格比較サイトなどを活用する。

タイヤ通販サイトや価格比較サイトなどを活用することで、価格を比較することができます。

 

タイヤの種類と性能

サマータイヤ(夏タイヤ)

サマータイヤ(夏タイヤ)は、ドライ路面やウエット路面での性能を重視したタイヤです。

雪道での性能は、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤに劣ります。

※ここでは、「劣ります。」と言う表現をしてますが、スリップ事故や立ち往生による渋滞のもととなりますので、積雪した道路を決してサマータイヤ(夏タイヤ)で走行しないでください。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)は、雪道での性能を重視したタイヤです。

ウエット路面では、サマータイヤ(夏タイヤ)やオールシーズンタイヤに劣ります。

※ウェット路面をスタッドレスタイヤで走行する際は、スリップしやすいので、速度は控え目に走行してください。「ここで滑るか?!」って感じで突然スリップしますよ。

 

夏場のドライ路面で、スタッドレスタイヤを使用すると「溶けとんか?!」ってくらいタイヤの減りが早い。(低温でゴム質が硬くならないように設計されています。)

 

プラットフォームが出て、冬タイヤとして使用できないタイヤを履き潰すつもりで冬場以外で使用する場合は、ウエット路面には特に注意してください。

そんなことしない?もしかして、筆者だけ~・・・

 

黄色の〇が、プラットフォーム。(冬タイヤとして使用できる限界ライン)

赤色の〇が、スリップサイン。(タイヤとして使用できないライン)

※サマータイヤ(夏タイヤ)には、プラットフォームはありません。

 

オールシーズンタイヤ(全天候型タイヤ)

サマータイヤ(夏タイヤ)とスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の中間的性能を持つタイヤです。

ウエット路面では、サマータイヤ(夏タイヤ)に劣りますが、スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)より優れます。

雪道では、スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)に劣りますが、サマータイヤ(夏タイヤ)より優れます。

※浅雪、圧雪路は走行可能ですが、凍結した圧雪路や凍結した路面は不可。

 

オールシーズンタイヤのオススメの人

【冬場、ほとんど雪が降らない。

雪が降っても年に数回、2・3cm程度の積雪で、2・3日もすれば道路上から雪がなくなる地域にお住まい。】

【 】内に加え、

  • 通勤や送り迎えに車を運転する。
  • マンションなど交換したタイヤの保管場所に困る。
  • サマータイヤ(夏タイヤ)⇔スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の交換(履き替え)が自分でできない。
  • タイヤチェーンの取付けをしたことがない。もしくは、自分でできない。
  • スキーなどで山間部には行かない。
  • 冬場、旅行などで雪の降る地域に行く。もしくは、行きたいが1桁・2桁国道や高速道路、市街地しか運転しない。(除雪や凍結防止剤散布など道路管理のされた道路のみを走行)

オフロードタイヤ

悪路走破性(未舗装路)と安定性を重視したタイヤです。

M/Tタイヤ(マッドテレーン)、A/Tタイヤ(オールテレーン)、M/TタイヤとA/Tタイヤの中間的性能を持つR/Tタイヤ(ラギットテレーン)の3種類あります。

悪路走破性

(低い)A/T → R/T → M/T(高い)

乗り心地&静粛性

(悪い)M/T → R/T → A/T(良い)

 

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月。しかし

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月です。

3月は、タイヤ専門の通販サイト「オートウェイ」、カー用品店「ジェームス」・「オートバックス」・「イエローハット」の決算月。

売上最終追い込みのキャンペーンや在庫処分セールに期待できます。

しかし、「年中セール」もされており、お得に購入できる機会が豊富に存在します。

 

  • 3月は、冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)から夏タイヤ(サマータイヤ)への交換需要が徐々に高まる時期。
  • 10月は、夏タイヤ(サマータイヤ)から冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)への交換需要が徐々に高まる時期。

【関連記事】

普通車のタイヤ

車のタイヤをどこで買う。どこがいい。夏タイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

軽自動車のタイヤ

軽自動車のタイヤ交換、どこが安い。値段は?サマータイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の安い時期は、3月と10月。しかし

スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)は、季節商品。

スタッドレスタイヤの安い時期は、10月と3月です。

しかし、「8月・9月」は、シーズン前の早割や新商品キャンペーンなどがあります。

  • 早割キャンペーン、タイヤ専門の通販サイト
  • 新商品キャンペーン、カー用品店やタイヤショップ

3月は、タイヤ専門の通販サイト「オートウェイ」、カー用品店「ジェームス」・「オートバックス」・「イエローハット」の決算月。

決算に伴って、サマータイヤ(夏タイヤ)との在庫入替時期でもあります。

 

10月は、スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)との在庫入替時期でもあります。

また、タイヤ専門の通販サイト「フジコーポレーション」の決算月。

 

※12月~1月は、シーズン入りとなり、需要が高まり在庫があれば必然的に売れます。そのため、ほとんど値引きはないと思っておいたほうが間違いありません。

 

【関連記事】

スタッドレスタイヤ交換は、どこが安い。新品の冬タイヤ、最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月。

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月です。

オールシーズンタイヤの品揃えが豊富で、価格面でも評価の高いタイヤ専門の通販サイト「フジコーポレーション」の決算月。

 

【関連記事】

「オールシーズンタイヤやめたほうがいい」は嘘。オススメの人後悔する人 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

オールシーズンタイヤやスタッドレスタイヤは、100km程度の慣らし運転が必要です。

購入直後に雪道走行は避けましょう。!!!

 

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月。しかし

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月です。

3月は、4月からのシーズン入り前で、スタッドレスタイヤからオフロードタイヤに交換する時期でもあります。

しかし、季節商品にも近いオフロードタイヤ。

4月から11月のシーズンでは各社価格競争が激化します。

 

NANKANG(ナンカン)FT-09(M/Tタイヤ)

 

MAXTREK(マックストレック)R/T

DAVANTI(ダヴァンティ)A/T

 

3月は、タイヤ通販サイト「オートウェイ」の決算月。

ナンカンやダヴァンティ(イギリスのタイヤブランド)を始め、各種。

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

GRIPMAX、M/Tタイヤ

 

GRIPMAX、R/Tタイヤ

 

GEOLANDAR、M/Tタイヤ

 

OPEN COUNTRY、R/Tタイヤ

 

10月は、タイヤ通販サイト「フジコーポレーション」の決算月です。

GRIPMAX(グリップマックス)を始め、各種。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

【関連記事】ジムニーのタイヤ選び

林道に行こう。オフロードを走ろう。ジムニーのタイヤサイズと種類 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

タイヤが安い時期、まとめ

タイヤが安い時期について解説してきました。

タイヤは、消耗品であり、定期的な交換が必要です。

しかし、消耗品と言いつつも高価。

できるだけ安く購入したいと考えるドライバーは多いでしょう。

 

タイヤを安くお得に購入するために、

  • 企業の決算月を利用する。
  • 新商品発売前の型落ちモデルを狙う
  • 店頭展示品現品限りを狙う
  • 2月・3月、10月・11月に狙う

サマータイヤ(夏タイヤ)の安い時期は、3月と10月。

しかし、年中セールがされており、お得に購入する機会が豊富に存在します。

スタッドレスタイヤの安い時期は、3月と10月。

しかし、8月・9月は、シーズン前の早割キャンペーンや新商品キャンペーンがあります。

  • 早割キャンペーン、タイヤ専門の通販サイト
  • 新商品キャンペーン、カー用品店やタイヤショップ

オールシーズンタイヤの安い時期は、10月。

オフロードタイヤの安い時期は、3月と10月。

しかし、4月から11月のシーズンには価格競争が激化します。

 

決算月やネット販売を利用してタイヤを安くお得に購入してみてください。

  • タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入し、タイヤ交換は購入した通販サイトの提携取付店で日時を予約。予約をした日時に取付店に行ってタイヤ交換。

タイヤ交換に長時間待たされることもなくなりますよ。

 

この記事がご参考になれば幸いです。

 

【 2024年7月、現在のセール(キャンペーン)情報 】

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

※年式、型式は、車検証でご確認ください。

 

オートウェイ

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

フジコーポレーション

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

【関連記事】

車のタイヤをどこで買う。どこがいい。夏タイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

軽自動車のタイヤ交換、どこが安い。値段は?サマータイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

スタッドレスタイヤ交換は、どこが安い。新品の冬タイヤ、最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

「オールシーズンタイヤやめたほうがいい」は嘘。オススメの人後悔する人 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

JAFは必要ない?本当にいらない?不要な人、必要な人をそれぞれ解説 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

林道に行こう。オフロードを走ろう。ジムニーのタイヤサイズと種類 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)