ナイロの備忘録

車のタイヤ&林道情報ジムニー林道遊び

本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

「フリード」のタイヤ選び。おすすめのタイヤはどれが良い!

「フリード」のタイヤ選び。おすすめのタイヤはどれが良い!

 

ホンダ「フリード」は、その広い室内空間と使い勝手の良さから、多くの方に愛される車種です。

しかし、快適なカーライフを維持するためには、タイヤの性能も重要な要素となります。

タイヤは、車の動きを支え、路面との接点となる重要なパーツ。

その性能は、乗り心地、燃費、安全性に大きく影響します。

純正タイヤは、車種に最適な性能が考慮されていますが、ユーザーのニーズや走行パターンによっては、より適したタイヤがあるかもしれません。

 

本記事では、ホンダ「フリード」におすすめのタイヤを紹介。

タイヤは、年々性能がアップしています。

新型車両に装着されているタイヤが現時点で最適なタイヤとも言えます。

新型、新車装着タイヤからおすすめのタイヤを導き出しています。

ぜひ参考にしてください。

 

画像の引用元、「フジコーポレーション」フィッティングルーム

 

 

「フリード」の純正タイヤサイズ

フリード(FREED)の純正タイヤサイズは、主に2種類です。

  1. 185/65R15
  2. 185/70R14

インチアップにおすすめのタイヤサイズ

  • 195/55R16

※取付には、16インチホイールの購入が必要です。

 

タイヤ交換は、カー用品店もしくは、タイヤ専門店、整備工場で交換することが一般的です。

タイヤは、消耗品と言いつつも高価。

しかし、「一体どれが良い?」と悩むところでもあります。

タイヤには、スタンダードタイヤ、コンフォートタイヤ、エコタイヤ、スポーツタイヤ、ミニバン向け、SUV向けと、種類があります。

タイヤメーカー1社の中でも数種類の種類があり、まして、国内大手タイヤメーカーだけでも4社5社、海外有名タイヤメーカーを合わせれば何十社。

そこで、まずは新車装着タイヤの特徴を知り、新車装着タイヤと遜色のないタイヤを選択することで、タイヤ選びに失敗するリスクが軽減できます。

 

「フリード」に新車装着タイヤの特徴

2024年6月発売のホンダ、「フリード」に新車装着されているタイヤは、以下の2種類です。

  • ヨコハマゴム、BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)
  • グッドイヤー、EfficientGrip Performance2(エフィシェントグリップ・パフォーマンスツー)

画像の引用元、superiorstyle|フリード|Honda Access|Honda公式サイト

ヨコハマゴム、BluEarth-FE AE30

横浜ゴム(株)は本田技研工業(株)が2024年6月より国内で発売する新型コンパクトミニバン「FREED」の新車装着(OE)用として、「BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)」の納入を開始しました。

装着サイズは、185/65R15 88Sです。

【2024年6月28日記事】

ニュース|横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30」がHondaの新型「FREED」に新車装着 (y-yokohama.com)

 

グッドイヤー、EfficientGrip Performance2

日本グッドイヤー株式会社のハイパフォーマンス コンフォートタイヤ「EfficientGrip Performance2」が、2024年6月28日に販売開始の本田技研工業株式会社(以下Honda)の 新型「FREED(フリード)」の新車装着タイヤに採用されました。

採用サイズは、185/65R15 88S

【2024年6月28日記事】

グッドイヤーのEfficientGrip Performance2(エフィシェントグリップパフォーマンスツー)がHondaの新型「FREED」に純正装着|ニュース|日本グッドイヤー (goodyear.co.jp)

 

ヨコハマゴム、BluEarth-FE AE30の特徴

低燃費性能と静粛性を両立

  • 車外騒音と転がり抵抗を低減する新開発コンパウンドを採用。
  • 専用チューニングにより、操縦安定性と乗心地性能も確保。

環境性能

  • 「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとしたグローバルタイヤブランド「BluEarth」の低燃費スタンダードタイヤ

基本性能

  • 静粛性
  • 快適性
  • 乗り心地
  • ロングライフ

 

グッドイヤー、EfficientGrip Performance2の特徴

3つの独自技術による高いパフォーマンスと安全性

  1. ウエット性能と耐摩耗性能を向上させた「ウエット・パフォーマンス・コンパウンド」 粘着性と柔軟性に優れた専用トレッドコンパウンドで、ウエット路面での優れたブレーキング性能とコーナリング時の安定したグリップを実現
  2. 低燃費性能と静粛性を両立する「ローリング・レジスタンス・コンパウンド」 センターとショルダーで異なるコンパウンドを採用することで、転がり抵抗とパターンノイズを低減
  3. 広い接地面積で安定した操縦性を実現する「アシンメトリック・トレッドデザイン」 内側と外側で異なるトレッドパターンを採用することで、ドライ路面での操縦安定性とウエット路面での排水性を向上

その他の特徴

  • 耐摩耗性能向上によるロングライフ化
  • 高速走行時でも卓越した運動性能を発揮
  • 燃費性能向上

 

「フリード」のタイヤ選び。新車装着タイヤと遜色のないおすすめのタイヤ

「フリード」の新車装着タイヤに遜色のないおすすめのタイヤを紹介します。

※あくまで個人の見解によるもので、必ずしもドライバーの皆様の好みに該当するとは限りません。予めご了承ください。

 

街乗りにおすすめのタイヤ

市街地は、上下水道工事後のアスファルト復旧や舗装路の部分的補修、マンホールや路面電車の線路など整備された舗装路に見えますが、凸凹や段差が多く路面状態が悪いです。

したがって、街乗りでは、乗り心地と静粛性が快適性を左右します。

 

「フリード」の街乗りにおすすめのタイヤは、下記の通りです。

  • ブリヂストン、レグノ GR-XII 
  • ヨコハマゴム、 ブルーアース RV-03
ブリヂストン レグノ GR-XII
  • すべての性能で、新車装着タイヤを上回る。

特に静粛性と乗り心地に優れています。

  • 185/65R15
  • 185/70R14
  • 195/55R16

 

ヨコハマゴム、ブルーアース RV-03
  • 静粛性、乗り心地、燃費性能で、新車装着タイヤを上回る。

ハンドリング性能も良好です。

  • 185/65R15
  • 185/70R14

 

長距離多走行におすすめのタイヤ

長距離多走行では、燃費性能が重要視されがちですが、乗り心地と静粛性に加え、ウェット性能と耐摩耗性が重要になります。

 

「フリード」の長距離多走行におすすめのタイヤは、下記の通りです。

  • ミシュラン、プライマシー 4 
  • コンチネンタル 、コンチプレミアムコンタクト6 
ミシュラン、プライマシー 4

すべての性能で、新車装着タイヤを上回る。

特にハンドリング性能と耐摩耗性に優れ、長距離運転でも快適な走行が可能です。

  • 185/65R15
  • 195/55R16

 

コンチネンタル コンチプレミアムコンタクト6

ハンドリング性能、耐摩耗性、静粛性で、新車装着タイヤを上回る。

燃費性能も良好です。

 

  • 185/65R15

 

街乗りと長距離多走行の目安が知りたい!

街乗りと長距離多走行の判断方法

街乗りと長距離多走行の判断方法は、主に以下の3つがあります。

  1. 年間の走行距離
  2. 平均的な1回の走行距離
  3. 主な用途

1.年間の走行距離

  • 年間1万km程度:街乗り
  • 年間2万km程度or以上:長距離多走行

2.平均的な1回の走行距離

  • 20km未満:街乗り
  • 100km以上:長距離多走行

3.主な用途

  • 通勤・通学、買い物・レジャー:街乗り
  • 高速道路やバイパスを使った長距離移動:長距離多走行

上記を参考に、ご自身の走行パターンを分析してみてください。

ただし、あくまでも目安ですので、ご自身の状況に合わせて判断をしてください。

 

「フリード」におすすめのタイヤが購入できところ

「フリード」におすすめのタイヤが購入できところは、フジコーポレーションです。

フジコーポレーションは、オリジナルブランドのタイヤ、国内外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

  • 全国に2,000店舗の提携取付店にて、取付け作業ができます。

(注文の流れ)

  1. フジコーポレーションでタイヤを注文。
  2. お近くの提携店を選択。
  3. 提携取付店から連絡が入りますので、タイヤの取付け日を予約。
  4. 予約した日に選択した店舗に行く。

タイヤを低価格で購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

 

 

タイヤホイールのセット購入は、「フジコーポレーション」がオススメ!!!

サイト内で、「現在マッチング表示しているお車」に必要事項(車種名、年式、型式)を選択後、タイヤホイールセットを選択。

※年式、型式は、車検証でご確認ください。

ホイールをどれでもいいので、選択すると「フィッティングルーム」が表示されますので、クリック。

車体の色とホイールを選択すれば、イメージ画像が表示されます。

 

 

ホイールが車体にセットされた状態で、どんな状態になるかイメージが湧くので便利なサービスですね。

フジコーポレーションは、オリジナルブランドのタイヤ、国内外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

タイヤ交換の工賃

フジコーポレーション提携取付店でのタイヤ交換の工賃は下記の通りです。

※工賃には、廃タイヤ処分料とバルブ交換料(劣化等で交換が必要になった場合)は別途費用が必要です。

  • 廃タイヤ処分料、筆者の住む兵庫県では、1本当たり330円~550円が多いです。(地域、店舗により異なります。)

例)185/65R15の場合

フジコーポレーションでタイヤを購入し、提携取付店へ発送依頼をし、提携取付店でタイヤ交換。

  • 【タイヤ1本当たり】タイヤ価格+1,300円(送料)+2,800円(16インチまで)+廃タイヤ処分料

 

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

 

 

筆者は、せっかちな性格でもあり、タイヤ交換に長時間待たされるのが嫌。

ここ10年以上、タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入しています。

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入し、タイヤ交換は購入した通販サイトの提携取付店で日時を予約。

予約をした日時に取付店に行ってタイヤ交換。

タイヤ交換に長時間待たされることもなくなりました。

 

タイヤサイズの調べ方

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

1番確実なのは、「1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。」です。

必ず赤〇の数字(ロードインデックス)も確認するようにしてください。この数字が小さい数字のタイヤを取り付けると車検に通りません。

 

1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。

2.運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。

【 ロードインデックスに関する関連記事 】

買ってはいけないタイヤ。失敗するタイヤ選び - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

2.3.は、新車で購入時は問題ないですが、中古車で購入の場合、純正ホイール(タイヤサイズ)とは異なるホイールに交換されているケースがあります。

※車種によっては、2.の空気圧表示ラベル(ステッカー)に2種類のタイヤサイズが記載されているケースもあります。

 

「フリード」新車装着タイヤの性能にこだわらない。コスパの良いタイヤないの?

「フリード」新車装着タイヤの性能にこだわらない。

もっとコスパの良いタイヤないの?って方は、

【関連記事】

フリード(FREED)のタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

フリードのタイヤ選び。おすすめのタイヤはどれが良い!まとめ

フリード(FREED)の純正タイヤサイズは、主に2種類です。

  1. 185/65R15
  2. 185/70R14

街乗りにおすすめのタイヤ

街乗りでは、乗り心地と静粛性が快適性を左右します。

街乗りでの使用であれば、以下の2種類のタイヤがおすすめです。

  • ブリヂストン、レグノ GR-XII 
  • ヨコハマゴム、 ブルーアース RV-03

長距離多走行におすすめのタイヤ

長距離多走行では、燃費性能が重要視されがちですが、ウェット性能と静粛性、耐摩耗性が重要になります。

長距離ドライブ多走行での使用であれば、以下の2種類のタイヤがおすすめです。

  • ミシュラン、プライマシー 4 
  • コンチネンタル 、コンチプレミアムコンタクト6 

「フリード」におすすめのタイヤが購入できるところ。

「フジコーポレーション」です。

タイヤを低価格で購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

この記事がフリードのタイヤ交換をご検討中の方のご参考になれば幸いです。

 

【 関連記事 】

フリード(FREED)のタイヤ交換の費用。新品のタイヤの値段を比較 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

JAFは必要ない?本当にいらない?不要な人、必要な人をそれぞれ解説 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

車のタイヤをどこで買うのが安い?ならどこがいい?夏タイヤの値段 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)