ナイロの備忘録

車のタイヤ&林道情報ジムニー林道遊び

本サイトは、Google広告及びアフェリエイト広告を利用しています。

アルファード、ヴェルファイアのタイヤ選び。タイヤはどれが良い!

アルファード、ヴェルファイアのタイヤ選び。タイヤはどれが良い!

 

「アルファード」、「ヴェルファイア」は、トヨタ自動車が販売する高級ミニバンとして、その圧倒的な存在感と快適な乗り心地で多くの人を魅了し続けています。

広々とした室内空間、豪華な内装、先進の安全装備など、まさに夢の車と言えるでしょう。

しかし、快適なドライブを満喫するためには、タイヤ選びも重要です。

タイヤは、車の性能を大きく左右する重要なパーツであり、適切なタイヤを選ぶことで、走りと乗り心地、静粛性、燃費などを向上させることができます。

そこで今回は、アルファード・ヴェルファイアにおすすめのタイヤをご紹介します。

純正装着タイヤ、それぞれのタイヤの特徴も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

このブログ記事では、あなたにぴったりのタイヤを見つけるためのヒントを提供します。

快適な「アルファード」・「ヴェルファイア」ライフのために、ぜひ最後までご覧ください。

画像の引用元、「フジコーポレーション」フィッティングルーム

 

 

アルファード・ヴェルファイアの純正タイヤサイズ

40系アルファード・ヴェルファイアの純正タイヤサイズは、主に3種類。

  • 225/65R17 102H
  • 225/60R18 100H
  • 225/55R19 103H(XL)

30系アルファード・ヴェルファイアの純正タイヤサイズは、主に3種類。

  • 215/65R16 98H
  • 225/60R17 99H
  • 235/50R18 97V

タイヤサイズの調べ方

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

1番確実なのは、「1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。」です。

必ず赤〇の数字(ロードインデックス)も確認するようにしてください。この数字が小さい数字のタイヤを取り付けると車検に通りません。

1.現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。

2.運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。

【 ロードインデックスに関する関連記事 】

買ってはいけないタイヤ。失敗するタイヤ選び - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

  1. 現在付いているタイヤの側面(サイドウォール)を確認する。
  2. 運転席側の扉を開け、後部扉との間に貼られている空気圧表示ラベル(ステッカー)を確認する。
  3. ネットの通販サイトで、車種名・年式・型式を入力し、タイヤサイズを調べる。

2.3.は、新車で購入時は問題ないですが、中古車で購入の場合、純正ホイール(タイヤサイズ)とは異なるホイールに交換されているケースがあります。

※車種によっては、2.の空気圧表示ラベル(ステッカー)に2種類のタイヤサイズが記載されているケースもあります。

 

「40系アルファード」・「40系ヴェルファイア」の純正装着タイヤの特徴

アルファードの場合、グレードによって装着されているタイヤ銘柄やサイズは異なりますが、いずれもトヨタ自動車とタイヤメーカーが共同開発したOEタイヤです。

OEタイヤとは、Original Equipment Tireの略で、自動車メーカーが新車に装着することを前提に開発・製造したタイヤのことを指します。

 

タイヤ交換は、カー用品店もしくは、タイヤ専門店、整備工場で交換することが一般的です。

タイヤは、消耗品と言いつつも高価。

しかし、「一体どれが良い?」と悩むところでもあります。

タイヤには、スタンダードタイヤ、コンフォートタイヤ、エコタイヤ、スポーツタイヤ、ミニバン向け、SUV向けと、種類があります。

タイヤメーカー1社の中でも数種類の種類があり、まして、国内大手タイヤメーカーだけでも4社5社、海外有名タイヤメーカーを合わせれば何十社。

そこで、まずは純正装着タイヤの特徴を知り、純正装着タイヤと同等性能もしくは、近い性能のタイヤを選択することで、タイヤ選びに失敗するリスクが軽減できます。

 

40系アルファード、40系ヴェルファイアの純正装着タイヤは、下記の通りです。

225/60R18 100H 

  • トーヨータイヤ、PROXES Comfort 225/60R18 100H

2023年6月発売の新型アルファード

2023年7月6日記事

「PROXES」がトヨタ自動車の新型「アルファード」に採用 | プレスリリース | TOYO TIRES(トーヨータイヤ)企業サイト

 

225/65R17 102H

  • ヨコハマゴム、ADVAN V03 225/65R17 102H

225/60R18 100H

  • ヨコハマゴム、ADVAN V03 225/60R18 100H

アルファードの装着サイズは、225/65R17と225/60R18。

ヴェルファイアの装着サイズは、225/65R17。

2023年6月発売の新型アルファード・ヴェルファイア

2023年6月26日記事

ニュース|横浜ゴムの「ADVAN」がトヨタ新型「アルファード」「ヴェルファイア」に新車装着 (y-yokohama.com)

 

225/55R19 103H(XL)

  • ダンロップ、SP SPORT MAXX 06 225/55R19 103H(XL)

2023年6月発売の新型アルファード・ヴェルファイア

2023年7月20日記事

DUNLOP「SP SPORT MAXX 060」がトヨタ自動車の新型「アルファード・ヴェルファイア」に装着 | 住友ゴム工業 (srigroup.co.jp)

 

トーヨータイヤ、PROXES Comfortの特徴

静粛性、乗り心地、燃費性能、ウエット性能、ライフ性能の全てを向上させた高性能コンフォートタイヤです。

 

ヨコハマゴム、ADVAN V03の特徴

上質な乗り心地と静粛性と同時に、スポーティーな走りも楽しめる高性能サマータイヤです。

 

ダンロップ、SP SPORT MAXX 06の特徴

高速安定性、ハンドリング性能、ドライ路面性能、静粛性、乗り心地の全てを向上させた高性能サマータイヤです。

 

「アルファード」・「ヴェルファイア」のタイヤ選び。純正タイヤに同等もしくは、近い性能のタイヤはどれ?

「40系アルファード」・「40系ヴェルファイア」純正タイヤに同等もしくは、近い性能のタイヤは下記の通りです。

※あくまで個人の見解によるもので、必ずしもドライバーの皆様の好みに該当するとは限りません。商品の好みには個人差がありますので、予めご了承ください。

 

「トーヨータイヤ、PROXES Comfort」と「ヨコハマゴム、ADVAN V03」

NITTO(トーヨータイヤブランド)、NT421Q(プレミアムタイヤ)

  • SUV専用ラグジュアリー低燃費タイヤ

画像の引用元、トーヨータイヤジャパン公式HP

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/60R17(30系)
  • 235/50R18(30系)

 

ヨコハマゴム ブルーアースXT AE61(コンフォートタイヤ)

  • ハンドリング性能、静粛性を備えたSUV専用タイヤ

画像の引用元、YOKOHAMA TIRE公式HP

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/60R17(30系)

 

ヨコハマゴム ブルーアースRVー03(コンフォートタイヤ)

  • 耐久性、静粛性を備えたミニバン専用タイヤ

画像の引用元、YOKOHAMA TIRE公式HP

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 225/60R17(30系)
  • 235/50R18(30系)
  • 215/65R16(30系)

 

ダンロップ ビューロVE304 (プレミアムタイヤ)

  • 静粛性、安定性に優れたプレミアムタイヤ

画像の引用元、ダンロップタイヤ公式HP

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 225/60R17(30系)
  • 235/50R18(30系)
  • 215/65R16(30系)

 

コンチネンタル、コンチウルトラコンタクトUC6 SUV(コンフォートタイヤ)

  • トータルバランスに優れたSUVタイヤ

画像の引用元、コンチネンタルタイヤ公式HP

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/60R17(30系)

 

「ダンロップ、SP SPORT MAXX 06」

ダンロップSP SPORT MAXX 060+(スポーツタイヤ)

  • 耐久性に優れたパフォーマンスタイヤ

画像の引用元、ダンロップタイヤ公式HP

  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 235/50R18(30系)

ダンロップ、SP SPORT MAXX 06の上位モデル。

 

「アルファード」・「ヴェルファイア」のタイヤ選び、タイヤはどれが良い!オススメのタイヤ

「アルファード」・「ヴェルファイア」のオススメのタイヤは下記の通りです。

街乗りの場合

  • ヨコハマゴム ブルーアースRVー03(コンフォートタイヤ)
  • ダンロップ ビューロVE304 (プレミアムタイヤ)

長距離、多走行の場合

  • ヨコハマゴム ブルーアースXT AE61(コンフォートタイヤ)
  • コンチネンタル、コンチウルトラコンタクトUC6 SUV(コンフォートタイヤ)

補足

NITTO NT421Q、プレミアムタイヤとして性能は高いですが、街乗りや長距離ドライブに特化した特徴はありません。

 

街乗りから長距離ドライブ、スポーティーな走りが好みの場合。

  • ダンロップSP SPORT MAXX060+(スポーツタイヤ)

 

「アルファード」・「ヴェルファイア」のオススメのタイヤはどこで購入できる?

  • NITTO、NT421Q(プレミアムタイヤ)
  • ヨコハマゴム ブルーアースXT AE61(コンフォートタイヤ)

上記タイヤの購入は、オートウェイがオススメ。

オートウェイは、国産、海外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

  • 全国に3,600以上のタイヤピット(取付提携店)があり、タイヤの組換え脱着工賃の統一料金制度もあります。

(注文の流れ)

オートウェイでタイヤを注文 お近くの全国タイヤピット(提携店)を選択しタイヤピット宛に発送依頼 タイヤピットから連絡が入りますので、タイヤの取付け日を予約 予約した日に選択した店舗に行く。

コスパ良く購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

  • NITTO、NT421Q(プレミアムタイヤ)
  • ヨコハマゴム ブルーアースRVー03(コンフォートタイヤ)
  • ダンロップ ビューロVE304 (プレミアムタイヤ)
  • コンチネンタル、コンチウルトラコンタクトUC6 SUV(コンフォートタイヤ)
  • ダンロップSP SPORT MAXX060+(スポーツタイヤ)

上記タイヤの購入は、フジコーポレーションがオススメ。

フジコーポレーションは、オリジナルブランドのタイヤ、国内外の有名メーカーのタイヤが購入できます。

  • 全国に2,000店舗の提携取付店にて、取付け作業ができます。

(注文の流れ)

フジコーポレーションでタイヤを注文 お近くの提携店を選択 提携取付店から連絡が入りますので、タイヤの取付け日を予約 ⇒ 予約した日に選択した店舗に行く。

タイヤを低価格で購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

タイヤホイールセットを購入の方は、「フジコーポレーション」がオススメ!!!

サイト内で、現在マッチング表示しているお車に必要事項(車種名、年式、型式)を選択後、タイヤホイールセットを選択。

※車種名、年式、型式は、車検証でご確認ください。

ホイールをどれでもいいので、選択すると「フィッティングルーム」が表示されますので、クリック。

車体の色とホイールを選択すれば、イメージ画像が表示されます。

 

 

ホイールが車体にセットされた状態で、どんな状態になるかイメージが湧くので便利なサービスですね。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

オートウェイ、フジコーポレーションのタイヤ交換の工賃

オートウェイ、フジコーポレーション提携取付店でのタイヤ交換の工賃は下記の通りです。

※工賃には、廃タイヤ処分料とバルブ交換料(劣化等で交換が必要になった場合)は別途費用が必要です。

  • 廃タイヤ処分料、筆者の住む兵庫県では、1本当たり330円~550円が多いです。(地域、店舗により異なります。)

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入する場合、サイト内で車種・年式・型式を選択後、タイヤサイズを選択することで、車種に適合しないタイヤを誤って購入するリスクが未然に防げます。

 

例)225/65R17、225/60R18の場合

オートウェイ

オートウェイでタイヤを購入し、提携取付店へ発送依頼をし、提携取付店でタイヤ交換。

  • 【タイヤ1本当たり】タイヤ価格+送料無料(提携取付店)+2,420円(17インチor18インチ)+廃タイヤ処分料

 

フジコーポレーション

フジコーポレーションでタイヤを購入し、提携取付店へ発送依頼をし、提携取付店でタイヤ交換。

  • 【タイヤ1本当たり】タイヤ価格+1,200円(送料)+3,400円(17インチor18インチ)+廃タイヤ処分料

 

筆者は、せっかちな性格でもあり、タイヤ交換に長時間待たされるのが嫌。

ここ10年以上、タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入しています。

タイヤ専門の通販サイトでタイヤを購入し、タイヤ交換は購入した通販サイトの提携取付店で日時を予約。

予約をした日時に取付店に行ってタイヤ交換。

タイヤ交換に長時間待たされることもなくなりました。

 

一般タイヤの種類

一般タイヤとは、スポーツタイヤやスタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤなどの特殊なタイヤを除いた、幅広い車種に使用できるタイヤのことを指します。

以下は、一般タイヤに分類されるタイヤです。

  • コンフォートタイヤ
  • スタンダードタイヤ
  • エコタイヤ

コンフォートタイヤ・スタンダードタイヤ・エコタイヤの特徴

※下記内容は、あくまで一般的な傾向であり、タイヤによって性能差があります。

コンフォートタイヤは、静粛性や乗り心地、快適性を重視して開発されたタイヤ。

  • 静粛性や乗り心地を重視したい方にオススメです。
  • ロードノイズやパターンノイズが小さく、柔らかいゴムで衝撃吸収性に優れています。
  • ミニバンやワゴン、SUVなどの車種に適しています。

スタンダードタイヤは、基本的な性能をバランス良く備えたタイヤ。

  • 価格を抑えつつ、基本的な性能をある程度確保したい方にオススメです。
  • ウェット性能、ドライ性能、ライフ性能など、基本的な性能をバランス良く備えています。
  • 幅広い車種に適しています。

エコタイヤは、燃費性能を向上させるために開発されたタイヤ。

  • 燃費を向上させたい方にオススメです。
  • 転がり抵抗が小さく、燃費向上に効果がある
  • 燃費を重視したい車種に適しています。
  • ウェット性能やドライ性能がコンフォートタイヤやスタンダードタイヤに比べて劣る場合がある点に注意が必要です。

プレミアムタイヤは、コンフォートタイヤの中でも特に静粛性や乗り心地、快適性に優れ、高性能なタイヤのことを指します。

プレミアムタイヤは、一般タイヤの一種と考えることができますが、一般タイヤの上位グレードとも位置付けられるため、一般タイヤとは一線を画す存在と言え、厳密には別のカテゴリーと捉えることもできます。

スポーツタイヤ(オンロードタイヤ)の特徴

オンロードタイヤは、舗装された一般的な道路での走行を想定したタイヤです。

オンロードタイヤの中でも、スポーツタイヤは、高いグリップ力と優れたハンドリング性能を備えたタイヤで、一般のタイヤよりも柔らかいゴムを使用し、接地面積を広くすることで、グリップ力を向上させています。

高速道路など高速走行での走行に適しています。

 

アルファード、ヴェルファイアのタイヤ選び。タイヤはどれが良い!まとめ

40系アルファード・ヴェルファイアの純正タイヤサイズは、主に3種類。

  • 225/65R17 102H
  • 225/60R18 100H
  • 225/55R19 103H(XL)

30系アルファード・ヴェルファイアの純正タイヤサイズは、主に3種類。

  • 215/65R16 98H
  • 225/60R17 99H
  • 235/50R18 97V

 

「アルファード」・「ヴェルファイア」のタイヤ選び、タイヤはどれが良い!オススメのタイヤ。

街乗りの場合

ヨコハマゴム ブルーアースRVー03(コンフォートタイヤ)

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 225/60R17(30系)
  • 235/50R18(30系)
  • 215/65R16(30系)

ダンロップ ビューロVE304 (プレミアムタイヤ)

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 225/60R17(30系)
  • 235/50R18(30系)
  • 215/65R16(30系)

長距離、多走行の場合

ヨコハマゴム ブルーアースXT AE61(コンフォートタイヤ)

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/60R17(30系)

コンチネンタル、コンチウルトラコンタクトUC6 SUV(コンフォートタイヤ)

  • 225/65R17
  • 225/60R18
  • 225/60R17(30系)

街乗りから長距離ドライブ、スポーティーな走りが好みの場合

ダンロップSP SPORT MAXX060+(スポーツタイヤ)

  • 225/60R18
  • 225/55R19
  • 235/50R18(30系)

「アルファード」・「ヴェルファイア」のオススメのタイヤが購入できるところ。

  • NITTO、NT421Q(プレミアムタイヤ)
  • ヨコハマゴム ブルーアースXT AE61(コンフォートタイヤ)

上記タイヤの購入は、オートウェイがオススメ。

コスパ良く購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>オートウェイ

※会員登録せず購入も可能です。

 

  • NITTO、NT421Q(プレミアムタイヤ)
  • ヨコハマゴム ブルーアースRVー03(コンフォートタイヤ)
  • ダンロップ ビューロVE304 (プレミアムタイヤ)
  • コンチネンタル、コンチウルトラコンタクトUC6 SUV(コンフォートタイヤ)
  • ダンロップSP SPORT MAXX060+(スポーツタイヤ)

上記タイヤの購入は、フジコーポレーションがオススメ。

タイヤを低価格で購入したい方にオススメです。

【公式サイト】>>>フジ・コーポレーション-タイヤ・ホイールの専門店

※会員登録せず購入も可能です。

 

この記事が、「アルファード」、「ヴェルファイア」のタイヤをお探しの方のご参考になれば幸いです。

 

【 関連記事 】

タイヤが安い時期は、いつ?「ズバリ、3月と10月でしょう」しかし - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

車のタイヤがツルツル。溝がない場合の危険性を解説 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

高額請求に注意!ロードサービスは、どこがいい。JAF非会員の料金 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)

 

軽自動車のタイヤ交換、どこが安い。値段は?サマータイヤ最安値 - ナイロの備忘録 (nairo716.com)